映画『岳 -ガク-』@テレビ

9/23のテレビで、映画『岳 -ガク-』が放送されてました。

原作は読んだことないので何の先入観もなく見れた。

島崎三歩を演じてる小栗旬クン、
なんか生き生きしててやたらカッコよく見えるなぁ☆

椎名久美役の長澤まさみサンもいつにも増して凛々しい感じでカッコよかった☆

極限状態での選択を迫られる救助隊は、
責任ある立場であればあるほど、迷いとの闘いなんだよね。。
佐々木蔵之介さんや渡部篤郎さん、渋い役どころ☆

以下、ラストについて。
ネタばれだからご注意を。。








遭難した親子(父親:光石研さん、娘:中越典子サン)の救助に向かった久美が、
天候悪化のため救助できず残された父親の方を見捨てることができず
自ら現場に残って、、、だけどクレバスに落ちてしまい、
怪我を負った父親を背におぶってクレバスを登ろうとするんだけど力尽きて、、、
一方で助けに向かった三歩も途中で雪崩に巻き込まれるんだけど
どうにか久美の元までたどり着き、必死の心臓マッサージ。
久美は奇跡的に息を吹き返してみな無事生還。

ラストはそういう展開でした。
死んで終わり、、、はアタシ的にはキライなのでよかったよ。。

山の魅力ってアタシにはわからないけど、
三歩のように山バカ(笑)みたいな人、いるもんねー(爆)

"映画『岳 -ガク-』@テレビ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: