『半分、青い。』第156回(最終回)

ハイ!もはや律ロス中ーー(爆)

半分、青い。』が9/29放送の第156回で終了してしまった。
あーほんとに終わっちゃったよぉぉぉ。。
名残惜しくて、最終回もう何回も見ちゃった。。

さて最終回。

2011年7月7日、
鈴愛(永野芽郁サン)はそよ風ファン発売決定記念パーティをつくし食堂で開くため
準備をしていたところに、地元の新聞社から取材に来たのは、
高校3年生の頃に一度だけデートしたあの小林くん(森優作クン)だった!
新聞部だった彼は、初志貫徹で新聞記者になっていたのでした。

・・・いやー最終回にこんなサプライズがあるとは(笑)
予想外だったなぁー。

そしてこの扇風機を作ろうと思ったきっかけを聞かれるうちに
ふと、「そよ風ファン」ではなく「マザー」という名前にしようと
思いつくのでした。

パーティが終わり、つくし食堂の前で律(佐藤健クン)を見送る鈴愛に
律が誕生日プレゼントとして傘を渡す。
「雨の音がきれいに聞こえる傘」

・・・ぎゃああああああ(*≧∇≦*)☆
これ、このプレゼント、個人的にめちゃめちゃ衝撃的だった!
だってだって!ほんとたまたまなんだけど!
アタシ昨日の夜この傘の伏線となるシーンを見たんだもん!
(5/4放送の第29回です)
正確には、2人が高校生の頃、キスしちゃうかも?ってぐらい
顔が近くになったシーンあったよなぁと思い出し、
急に見たくなって録画してあったのを探してもう一回見たんだけど、
その直前に鈴愛が律に言ってたのが
「雨の音がきれいに聞こえる傘、律作ってよ」
だったのだよ!!
昨日見たばっかりの2人の約束が、たった今果たされてるじゃないの!
しかも、何の前触れもなくこっそり作っておいて鈴愛に渡す律!
律ぅーやっぱあなたはステキすぎ!
もぉ個人的に大興奮したぞ☆☆☆

しかしプレゼントを何も用意してなかった鈴愛が困っていると律が
「うん、もうもらった、あそこで。というか、盗んだ。」
と、ポケットから短冊を出すのでした。
「あ、またしても盗まれた」と鈴愛。

短冊に書かれた鈴愛の願い事を読み上げる律。
「リツのそばにいられますように」
「読むな!」と鈴愛。
「よう書いたなこんな短冊に」と、2人笑い合う。そして、、、

律「おれでいいの?」
鈴「律しかダメだ。わたしの律は、律だけなんで。1人だけなんで。」

鈴愛をそっと抱き寄せる律。

律「じゃあ、おれの願い事も言っていいすか」
鈴「うん」
律「スズメを幸せにできますように」

・・・うあああああーん(*≧Д≦*)
ようやく!ようやくだよ☆
この時のために、このハッピーな結末のために
今まで見てきたんだよーアタシは☆
良かったよぉぉぉぉ(TдT)

・・・はぁぁぁぁ、、、、
律を見られるのはこれが最後かぁ。
完全に律ロスに襲われてます。。
たーすけてーーーーー(^д^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック