映画『そして父になる』

フジの土曜プレミアムで9/16、
映画『そして父になる』が放送されてました。

・・・うう、、苦しい。胸が苦しくなる映画。。

難しい話だよなー。。
取り違えは実際にも起こっていることだけれど、
当事者はどうやっても気持ちがついてかないと思う。
想像すらできないほどの衝撃だ。。

映画では、赤ちゃん取り違えが
実は看護師が故意にやったことだったという展開。
これがまたなんともやり切れない。。

ラストは、はっきりとは描かれていないけれど、
慶多(二宮慶多クン)は
良多(福山雅治さん)・みどり(尾野真千子サン)夫婦のもとに、
琉晴(黄升炫クン)は
雄大(リリー・フランキーさん)・ゆかり(真木よう子サン)夫婦のもとに、
つまり育ての親のもとに戻ったってことだよね?

なんだろう、この感じ。。
アタシ的には育ての親のもとに戻ってほしいなぁと思いながら見てたから
結末としてはちょっとホッとしたんだけど、
それでもどこか、やりきれない。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック