おもしれぇ!『信長協奏曲』

やっべ~~~おもしろいぞ『信長協奏曲』!!!

10/20の第2話冒頭で、
タイムスリップしてきて信長を演じることになったサブロー(小栗旬クン)だけでなく、
実は、信長の正室である帰蝶(柴咲コウさん)の父・斎藤道三(西田敏行さん)も
タイムスリップしてきた事実が発覚!

・・・あ、もちろんアタシ、原作は知りません。

このシーンは笑ったし、一気におもしろさ倍増したぞ。

道三は1972年からジャンプしてきて
以来40年帰れないままという話を聞いて愕然とするサブロー。。。

1話のラストには、信長本人(小栗旬クン・二役)が
自分は信長の名前を捨てて、明智光秀を名乗ることにしたと言っていた。

・・・ほほ~~~~
ってーことは最終的には、、、
本能寺の変で、信長=サブローは現代にタイムスリップ、
信長本人は明智として討たれる、、、、って感じ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック