Rain(ピ) in Zepp札幌 レビュー

うおおおお!行って来たよぉ Zepp 札幌 『RAIN LOVES ZEPP TOUR』(7/5)!
Rain(ピ)に会ってきたよぉぉぉぉぉぉおおおおおおん!!!

ぎあああああああ!生Rainに大興奮☆☆☆(*≧∇≦*)
もぉもぉもぉ!まぁーさぁーにぃーー!
Rainとアタシたちのデートだった!!
アタシはそんな前の方までは行けなかったけど、十分ピくんの顔がはっきりくっきり見えました☆

たっぷり2時間のステージは、トークも今までにないほどめっちゃたっぷり~☆
近すぎるステージがこれまでにないほどアットホームな雰囲気を出してくれて
MCの合い間とか質問コーナーの合い間とかに、客席から何か声がかかると
「ん?」ってちゃんとわかるまで何回も聞き返してくれて
しかもそれにオモロイ返しをしてくれちゃったり~(笑)
いつの間にかトークの腕を上げたね? ←失礼なッ(爆)

あ、ちなみにピくんはほとんど韓国語でしゃべってたけどそれを天の声が日本語に訳してくれてました。
なーるほど。韓国語でトークしてたって話は聞いてたけど、こーゆー仕組みか。
けどさ、質問コーナーで質問してた方たちがしっかり韓国語で質問してくれちゃって、
それは素直にエライなぁスゴイなぁとか思ったのは確かなんだけど、
その質問を天の声は訳してくれず、、、意味わかんねーし、、、とか思ってちと悲しかったのグスン(-_-;)

まぁそれはさておき、
逆にピくんから、札幌で有名なものは?って質問されて会場のあちこちからいろんな意見が。
それで、ピくんがジンギスカン嫌いってのはわかった(笑)
いや、ジンギスカンじゃなくて、ラム肉が嫌いなのかな?
カニとかラーメンは好きらしい。

あと、合い間に「レイ~ン」とか「ジフナ~~」「チウナ~~」とか声がかかる中、
会場の前め真ん中あたりにいた男性が「ヒョ~~~ン!」って叫んで会場爆笑。
ピくんもなに?って感じで聞き返したんだけど何回目かでようやく「ヒョン」て言ってることに気づいて
ええ~?アナタはボクより年上じゃない?何歳ですか?ってな返しをしたら、
その男性「エイティーン!」
・・・・おおおお!若い!なぜそんな若い男の子がこの会場に?(爆)
つかピくんも驚いて、おおー!スバラシイ!とか言っちゃってたよ(笑)

『My Girl』の前に会場からステージに上げる女性を1人選ぶときはめちゃめちゃ迷っててカワイかった~☆
男性がむっちゃアピールしててピくんもそれがわかって、ヨジャじゃないとねって(笑)
選ばれた女性は感激で泣いてたっぽい。
曲の間、ピくんがビデオカメラ持っててそれで2人一緒に撮ってた。
そんで曲が終わったらその中のテープを彼女にプレゼント☆
や~~~~~~~なんてウラヤマシイんでしょ!
もちろんハグもたくさんしてくれてたよぉ~☆

詳しいセットリストはたぶん他のZeppと同じだと思うのでそちらを参考に。 ←没頭しすぎてちゃんと覚えてない(爆)
一応挙げときますか。。間違ってたら教えてね(^_^;)

Rainism
It's Raining
Hand Shake
Running away from the Sun
September 12th
I Know
Sad Tango
Touch Ya
Don't Stop
My Lady
Love is
On My Bed
Hip Song
With You
Fresh Woman
Free Way
You
Love Song
To You
Instead of say Goodbye

アタシ的には、予習してった曲ごとの掛け声はしっかりと思う存分叫びまくってきたので大満足。
もちろん「チョン・ジフン」コールもいろんなとこで叫びまくってきたよ!
とくに『Touch Ya』『Hip Song』『With U』『Fresh Woman』は歌いまくり踊りまくりジャンプしまくり!
体力づくりに励んできた成果だな、う~ん自己満足(笑)

そして『To You』は静かに一緒に。。。もうすぐライブも終わり、、、と思うと歌いながらも切なかったけど。。

ラストの『さよならの代わりに』は、、、5年前のナマRain初体験のときにも掛け声を練習した思い出が。

ライブの終わりは、ダンスチームがソロダンスを披露しつつの和気あいあいパフォーマンスで
それ見てるピくんがめっちゃ笑顔で楽しそうだった。
気心知れたダンスチームメンバーだもん、楽しいんだよね。こっちも笑顔になっちゃう。
そしてそのまま笑顔で終了。
なんだかスッキリ終わってイイ感じだったな。こーゆーのもアリだね。

家に帰ってきてから余韻に浸りたくって、CDやらDVDやら見直してみたんだけど、、、
ナマで観たあとじゃどーーーしても物足りない。まぁこればっかりは仕方ないか。
しかも自分の観に行ったライブじゃないし。。
今回のツアーのDVD発売されたらもちろん欲しい。
自分が参加できた札幌のがホントはフルバージョンで欲しい。せめてトーク部分は全部欲しい(笑)

あ、そうそう。
今回一緒に行ったRain(ピ)のことをほとんど知らない友だちが、
ライブを観てピくんのこと好きになってくれたようで、すっごく嬉しかった☆

ピくん、、、よくこのサイズのハコでやろうって気持ちになってくれたよね。
もしかしたらもう二度とこんなことないのかな。。。
それぐらい、彼を近くに感じることができたライブだった。
いいライブだった。。。

このまま余韻に浸って、明日以降は仕事も行かないでさいたまスーパーアリーナも見に行っちゃうぞー!
ぐらいの勢いなんだけど、、、現実って残酷ね(爆)

〓追記1〓
途中、お着替えタイムのときはおもしろかった☆
薄~い幕が下りてきてシルエットだけのRainが映ってて、その向こうで、、、
幕ナシで着替えてもいいんだけど会場に未成年がいるとマズイので、、、
とか言って(笑)それでもシルエットだけの状態で上を脱ぎ始めて会場中キャアアアアアアアア☆

今回、露出はそんなに多くなかったな~。 ←残念そーだ(爆)
最後の方でTシャツの前面をガッと首にかけて鍛え上げた割れた腹筋を披露してくれたけどねッ☆

でもなんつーのかなぁ、、
でかいハコでのライブだと、Rainはキングのよーな存在で
オレを見ろ!オレを見てみろ!てなオーラを出しまくってこっちも大興奮☆て図式だけど(笑)
今回は全然ちがう!
ライブ中に何度も、「盛り上がろー」って彼自身が言ってたよーに
会場中が一体となって一緒に盛り上がってる感じ。
そりゃもちろんステージ上のRainが頂点にはいるんだけど、雰囲気がね、違う。
やっぱこれが、小さいハコでやることの意味だよ。
観てるコッチ側も、やりきった感があるの!
いつもだったら、ライブ終了~ってなったときに名残惜しくてしつこくアンコールしちゃったりもするけど
昨夜はみんなももう大満足☆って感じで終了できた。
とにかく、気持ちいいライブだった。また経験したい。。
Zepp Tourを恒例にしてくれないだろーか。。とか思っちゃった☆

〓追記2〓
ダンサーのパク・ナミョン氏、相変わらずカッコよかったなぁ~☆
Rainに劣らず長身のモムチャンなので、ラストにみんなで同じTシャツ着て踊ってたとき
一緒に行った友だちがピくんと区別つかなかったらしい(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • チャンミ

    グレフルさん、スッご~~~~~~~~い!!!!!
    詳しすぎ\(◎o◎)/!
    にわかファンだからねぇ・・あたしは!
    わからない曲だけど、ノリノリで楽しんできたのよ~~!!
    名古屋は幼い兄妹二人が舞台に上がりました。
    大阪も子供だって言ったから、やっぱりねぇ~~だったけど、
    幸運な女性でしたね。
    ビデオテープはお宝になるでしょう!!いいなぁ!

    エヘヘ、行っちゃってくださいよ~埼玉!
    分散した分お客さんがすくなくなっちゃぁ、可愛そうですだ!
    って、あたしは別口があるんで行けませんが^^

    曲名合ってますよ~~パンフに載ってました!
    もうちょっと、何か書いてあるかと思ったらピ君の写真集でした(笑)
    ちょっとだけ・・
    You know→Iknow,
    My Girl→MyLady
    In My Bed→On My Bed でしたよ!!

    お疲れ様でした~~!!!

    2010年07月06日 21:15
  • grapefruit

    >チャンミさん

    ピくんも子供を選びたかったんだろーけど
    札幌会場では子供が全然見当たらなかったの!
    だからものすごーく選ぶの迷っちゃったんだねぇ(笑)
    ピくんカメラで会場中を(2階席も含めて)
    ずずずーっと映しては迷い、映しては迷い(^_^;)
    何回もどうしよう、、って困ってたピくん。
    そうだ!じゃあ札幌の人は手を上げて~って言って
    またずずずーっと映しては迷い、映しては迷い(^∇^;)
    何周映したかわかんないぐらい迷ってました~(笑)

    あ、ほんとだ曲名がパンフに載ってるー!
    ありがとう早速直しま~す☆

    さいたま、、、うう~~マジで迷っちゃってるけど
    迷うだけの資金もないのにぃ~~~(爆爆)
    2010年07月07日 01:49

この記事へのトラックバック