『薔薇のない花屋』(ネタバレ注意!)第11話(3/24)最終話

・・・ふぅふぅふぅ、、はぁはぁ(息切れ中)

・・・・・ほぉぉぉぉぉぉぉ~~~~っ(-。-;)

やっ、、、やったぁーーー!\(^∇^)/とうとう最終回に到達したぁーーー!
長かった。。。。長い道のりだったよぉ~~~(T^T)

ってなーに泣いてんだか(爆)

だけどドラマレビュー最後まで書けたの最近じゃ少なくって
すっごい中途半端になってる記事もたくさんあるんで
ちっと情けないなーとか反省してたので、、、
まーなかなか見る時間も書く時間もなくって仕方ないってのはあるんだけども、、

とにかく久々にやり遂げた!つー感じで素直に喜んじゃった~☆

てなわけで、3/24放送『薔薇のない花屋』最終話!
以下、完全ネタバレですのでくれぐれもご注意を。。。













美桜(竹内結子サン)の父(尾藤イサオさん)の手術に舜(玉山鉄二クン)を向かわせるため、
舜が冗談半分に提案した条件を受け入れる英治(香取慎吾クン)。
英治は雫(八木優希チャン)に電話をしている。

飛行機に乗るため立ち去ろうとしていた舜がそれに気付き、立ち止まる。

電話の様子が明らかにいつもと違うため
母(本仮屋ユイカさん)の写真を手に取りながら心配げに「どしたの?」と雫。

英治はゆっくりと話し始める。
「今から話すことは本当のことだから
 少しずつでいいからちゃんと受け止めなさい

 オレは雫の本当の父ちゃんじゃないんだ」

どうしてそこまでする必要がある?とでも言いたげな舜。

・・・お前があああああ!お前がトンデモナイこと言い出すからッ!
英治と雫の心が傷だらけになっちゃうじゃんかあああああああ!
いつかは話すつもりだったって英治はこの前言ってたけど
今このタイミングじゃないだろーよ!
こんな小っちゃい雫がそう簡単に受け止められる話じゃないんだよぉ。。

英治は続ける。
もし他の方法を選択していたら瑠璃は死なずに済んだかもしれない、
その償いとしてキミを育ててきた、と。

「キミはいつしか生きる意味となっていった」

・・・ああああ英治ぃぃぃぃ!
そーだよね、瑠璃も失い、目的もない英治の支えになったのが雫だったんだよ。
瑠璃の支えとなっていた英治が今度は雫に支えられて生きてきた、そーゆーことだね?

そして、、、
今までどおり自分の娘と思っていくから出来れば雫もそういう風に思ってほしい
と言って英治は電話を切り、力なく崩れ落ちる。。

病院では、手術室の前でひたすら祈るしかない美桜の前に舜が現れ
手術室に入っていった

手術室では安西院長(三浦友和さん)の指示を聞きながら相馬医師(中根徹さん)が執刀していた。
一度は投げ出しておきながら戻ってきた舜に相馬は出て行けと怒鳴るが
院長は迷うことなく状況説明を始める。

・・・あーうんうん、この辺、院長は決して悪いヤツじゃなく、
患者第一に考える冷静さを持った立派な医師だってことがわかるよねー。
舜よ、、、お前は今のままじゃー院長を越えるだけの医師にはなれんね。

手術が進むと突然、心停止状態に。
一度は電気ショックで蘇生するが、再び危険な状態に陥ってしまう。
電気ショックでも反応がなく手術室は一瞬諦めムードが漂うが、
舜が外にいた美桜を手術室に連れて入る。
状況を察した美桜はうろたえるが、舜から、声をかけろ!呼び戻せ!と言われ
舜が心臓マッサージを続けながら美桜が声をかける。

「お願い戻ってきて!いやよ一人にしないで!お父さん!!
美桜の心の底から出た叫びが父親に届き、心臓が鼓動を始める

・・・いや~~~ここ、アタシけっこう冷静に
竹内結子サンってこーゆー演技上手いよなぁ』とか思っちゃった(^_^;)

やがて手術は終わり、手術室から出てきた院長が美桜に黙ってうなずき成功を伝える。

美桜は舜に礼を言うが、礼なら英治に、と。
ここに戻ることにも交換条件を出した、と舜。
「言い訳するつもりはないが、キミがさせたことだとも言える」

・・・っておぉーーーーーい!コイツまた人のせいかよッ!(怒)
あんな無茶な交換条件出したのはお前だろーがッ!まったくもぉ。。。

雫への告白後、家の前の暗闇の中ぼんやりと座っていた英治だったが、
翌日、工事現場にはいつもと変わりなく働く英治の姿があった。
しかし休憩で腰を下ろした英治は、その横に雫のマボロシを見ていた。。

・・・ああ切ない。切ないねぇ。英治はなーんにも悪くないのに、、、
どーしてこんなに苦しまなくちゃならないのかねー。。

学校では、雫のクラスが体育館で体育の授業をしている。
その様子を、雨の中傘を差して佇む舜が見つめている
競争中に転んでしまった友達を真っ先に介抱しにいく雫。
そんな雫を見つめる舜の存在に小野先生(釈由美子サン)が気付くが、
目をそらしたすきにいなくなっていた。。

病室で美桜と父親が話している。
手術中、夢を見ていた父は、お花畑を見たという。
目の前に赤い薔薇の花畑、だけどトゲがあるからそこに行っちゃいけない、
そう思って振り返ったら、、、

・・・そこには美桜がいたんだね?美桜が必死で叫んで父親を引き止めたんだね?
うん、よかったよかった。

院長宅、英治と直哉(松田翔太クン)が来ている。
院長はこれまでのことを英治に謝り、花屋再開の資金を出させてほしいと申し出るが、
お金は知り合いに借りたから必要ない、と英治。

・・・うん?あれ?誰に借りたんだっけ?そのくだりは出てきてない?

さらに英治は、瑠璃のことは自分にも責任があると言う。
しかし院長は、たとえ瑠璃が一人だったとしてもきっと産もうとしたはずだし
英治がいなかったら雫も無事に産まれてこられなかったかもしれない、と
あらためてお礼を言う。
そして雫を英治に返すつもりだ、とも。

しかし英治は、雫がすでに院長の支えになっていることに気づいていた。そして
このままここで育てていって瑠璃さんのような女性に、とお願いする。

英治は瑠璃からよく院長の話を聞かされていた。
自分はあふれるぐらいの愛情をもらったからこれ以上もらえなくても平気、と。
その話に涙する院長。

あらためて雫を院長に託す英治。
雫も今はそれを望んでいるはずだ、と。

・・・ええええ~?そぉかぁ?ほんとにそうなのか?
英治ィ、、、雫は父ちゃんと一緒がイチバンに決まってんじゃーん!
強がってんじゃねーぞ英治ィ!

院長室では、院長が舜にアカデミーの推薦状を渡している。
素晴らしいオペだった(=技術は認める)が、まだ君を許すことはできない、と院長。

・・・このあと!このあとの院長のセリフクサくてシビレるんだぁ~(爆)

若さとは時に残酷なものだ。悔いる間もなく過ぎていく。。。
 行きたまえ


・・・うひょ~~~~~~!!(*≧∇≦*)
この辺は、野島作品ならでは!ってとこでしょーかッ?

英治が空港まで舜を見送りに来ている。
年を取って1人に耐えられなくなったら戻ってこい、その時は雫に
本当の父親だって紹介する、と英治。
なに言ってんだ、父親はお前だろう、と言う舜に英治は
自分は父親役だっただけ。もっと強い母親でもあった。と。

そして固く抱き合う2人にはもうわだかまりはなかった。
美桜や小野先生の言うとおり、2人は光と影、コインの裏表のような関係なのだ。

別れ際、英治が舜に「ハリーポッターの新作、これ泣けるよ」と言って渡したDVDには
瑠璃
が映っていた。
今はもういない瑠璃が映像の中から舜に向けて話しかけてくる。
機内でそれを見ながら、泣かないはずの舜の目には涙があふれていた。
ごまかすようにアイマスクをつける舜。

・・・舜、お前もまだ涙を流せる感情があるんじゃない。素直になりなよー!

飲み屋では、美桜と小野先生が仕事のグチを言い合って盛り上がっている。
すっかり意気投合の2人。

・・・良かったねぇ!この2人、いい友だちになれそーだもんね。
美桜が英治にやってしまった事に対しても先生は女として最初から理解を示してくれてたし。
大人になってからの知り合いと、腹を割って話せるぐらい本当の意味で仲良くなるのって
実際には難しかったりするからなー。。。

マスター(寺島進さん)と直哉が英治の引っ越しを手伝っている。
英治が金を借りたのは舜だった。
直哉はどうしてあんなヤツから?と疑問をぶつけるが、英治は
その方が舜が帰ってきやすいからだ、と。
金を借りるときさえも相手のことを考えている英治に、マスターと直哉は呆れ顔。

美桜と小野先生が先生のアパートに酔っ払って帰ってきた。
最初はゴキゲンな感じだったがやがて美桜は
お花屋さんに会いたいなぁ、と言って先生にしがみついて泣きじゃくる。

ある日の喫茶店、みんな勢揃いして雫がやってくるのを待っている。
英治と雫が会うのは電話での告白以来のため、みんな緊張しているのだ。

やがて雫と菱田さん(池内淳子サン)が到着。
みんな気を使ってたわいのない話をしつつ様子を伺う。そして、、、
覚悟を決めたように雫が「さてと、、、」と英治の方に向き直ると英治もそれにこたえ、
どこかに出かけよう、と言って2人で喫茶店をあとにする。

2人を見送ったあとグッタリする面々(笑)

歩きながらどこに行こうか相談する2人。
雫の「知らないおじさんに付いてったらいけないんでしょ?」のジョークに
英治「いた、、、、いたたたた」と胸をおさえて笑い合う。
手をつなぎ、ありがとう父ちゃん、と雫。そう言おうと決めてきたのだという。
英治も、ありがとう雫、と返す。
ぎこちなかった2人はやがていつもの2人に戻っていった。

喫茶店では、心配するほどのことではなかったね、と話しているが
菱田さんは、雫が夜になると泣き通しだったことをみんなに話す。
雫は雫なりに事実を受け止めるのに必死だったのだ。
そしてようやくそれを乗り越えてここに来たのだ。

病院では美桜の父が退院の日を迎えている。
院長が美桜にこれまでのことを謝ると、今となってはいい思い出だ、と美桜。
英治には直接会う自信がないので手紙を書いたのだという。

手紙には、幸福の意味について書いてあった。
 あなたは『お花屋さん』と呼ばれるとき幸せを感じる、と答えてくれた、
 あのとき私は笑ったけれど今は笑えない、
 私も含めほとんどの人は幸福の意味を知らない、愛という意味も知らない、
 あなたのようには誰も、
といった内容。そして、、、

 どうか、私のことを忘れないでください
 私も忘れません

 ごめんなさい、本当にありがとう
 そして、、、さようなら

この手紙を残して美桜は英治の前から姿を消した

やがて『フラワーショップ雫』が再び開店し
英治が店頭に『薔薇の花始めました。』の張り紙を貼っている。

美桜が消えてから1年、直哉が探してくれていたが見つからず、
せめてヒントぐらい置いてってくれてもいいのに、とマスター。
それでも日々、時間は流れていく。

英治は薔薇の仕入先である平川バラ園にメールを送っている。
すぐに返事が届き、また返事を返す英治。。。

・・・おやおや~~~?アヤシイねぇ平川バラ園。。。これはもしや、、、?

と、平川バラ園でそのメールを書いていたのは、、、やはり美桜だった!
父親と2人でバラ園をやっていたのだ!

・・・そーゆー展開かぁ!!
っつーかすぐ気付けよアタシ。父親の名前『平川辰巳』じゃん(笑)

しかし英治は気づくことなく平川バラ園とメールのやり取りを続けている。

閉店時間となり店頭の花を片付けていると、うっかりバケツを倒してしまい、
以前同じようにバケツを倒した記憶が蘇り、美桜のことを思い出す。

そしてふと、、『ヒント』、、、?とバラを見ながら
もしかしてこれがヒントでは?と思いつく。
すぐに直哉に電話をして美桜の父親の苗字を確認。
美桜は母方の姓を名乗っているので白戸だが、父親は平川だ、と直哉。

急いでメールを確認し、平川バラ園がそれと確信する。
するとそこにちょうど菱田さんがのぞきにくる。。。

・・・ヤダー!菱田さんてば知ってたのぉ?
実は平川父娘、菱田さんから指導を受けてバラ園を営んでいたのでした!
このこのぉ!最後までキーマンな菱田さんッ☆

雫を連れてバラ園にやってきた英治。
美桜の父に案内され、バラの世話をしている彼女のもとへと向かう。
気配を感じながらもそ知らぬフリで作業を続ける美桜。。。

少しずつ近づきながら話しかけるが、なかなかこっちを向いてくれない美桜に、
久々に会ったのだからこっちを向いて、とお願いする英治。
しかし、ろくにお化粧してないからイヤ、と拒否する美桜。

・・・ふはははは!素直じゃないね~美桜☆

それに対して英治は「素顔もかわいいですから」

・・・うひゃひゃ~~~慎吾チャンのこーゆー演技、なんかくすぐったーい!(爆)

そしてさらに、初めて言うセリフだから上手く言えるかどうか、、、
と前置きしつつ「オレはあなたを、」と。。。!

・・・おっとぉ~~~これにはさすがの美桜も動揺!
『オレはあなたを、』の後に続くセリフなんてアレしかないじゃーーーん!

美桜が「ちょっと待って!心の準備、、」なーんてうろたえてるスキに
愛してます。。。。。愛してる

・・・はぁ~~~英治ようやくストレートな告白!言えたじゃーん!
うーーんここまで長かったねぇ。
けど1年待ったからこそ素直に自分の気持ちを言えるようになったとも言えるんだよね?

英治は優しく「愛してる」、、、「愛してる」と繰り返す。
「連発しないでよーーー、、、一生分今日言うつもり?」と言って振り向いた美桜の目には
涙があふれ、その涙をそっと英治がふく。

・・・さあ!クライマックスの告白シーン!慎吾チャンの思ッッッきりクサイせりふだぁ~!(爆)

あなたはまるで花が咲くように笑う
 その笑顔をオレはかたときも忘れずにずっと探して
 やっと見つけた
 世界に一輪しか咲いてない、今日、その花を摘みに来ました


そう言って抱きしめると美桜が、自分は体中にトゲがある花だ、と。
すると英治、薔薇の花言葉を美桜に告げる。
『情熱』の他に、あまり知られていない花言葉、それは、、、『忘れてしまおう

幸せそうな2人を遠くから見つめる美桜の父と雫。

そして英治は美桜を抱き上げ、キス☆☆☆☆☆

・・・ふあぁぁぁぁ~~~どーにかハッピーエンドのよーですね!一安心☆
死人も出なかったしぃ~。←いや、アタシ的にはこれ重要ポイント!


花屋では、英治の誕生日祝いが開かれている。

平川バラ園には美桜のかわりに菱田さんが行くことになったようだ。
・・・自分でも言ってたように菱田さんてば波乱万丈な人生です。

直哉はいかにも大学生☆な清潔感ある服装になってて、
しかも勉強して医学部を受けなおす、とみんなに宣言。
しかしそのあとが直哉らしい(笑)
雫を嫁にもらって安西先生の病院をですね、、、」と。
・・・(^_^;)コラコラ、お前半分本気だろ(爆)

小野先生は、校長からすすめられたお見合いは断ったそう。
しかも理由が「少し気になる人がいるから」。。。
・・・マスター出番でーーーす!(笑)
マスターも、自分のことでしょ?なんて言って先生に絶対違います!とか言われちゃってたけど
コレはありでしょ、あり!先生も素直になっちゃいな~☆

ふと英治を見ると、なぜか泣いている。。。
理由がわからず心配した雫が一緒に泣きそうになるが、
大丈夫、悲しいから泣いてるわけじゃない、と先生が雫に説明する。

そんな自分に戸惑う英治はその場を立ち去ろうとするが、美桜が引き止める。
ずーっと怖がって避けていたこの場所、幸せの真ん中に、あなたは誰よりもふさわしい人だ、と。

誕生日ケーキに火をつけ、雫と一緒に吹き消す英治。
父ちゃんおめでとう!と雫からはほっぺにキス☆のプレゼント。


ある雨の日、花屋の店先に1人の少年が雨宿りしている。
傘貸しましょうか、と美桜が声をかけるが、英治が何かに気付いたようだ。

向かいの喫茶店でその様子を見ていたマスターが、
引き出しからあの!いつぞやのマスクを取り出して!かぶっちゃった!

・・・そーだよ!少年はあの時の彼なんだよ!!

英治は優しく話しかける。
「いらっしゃい、よく来てくれたね
 きみに、今すぐに言ってあげられる言葉がひとつだけあるよ
 『それでも、、、それでも人生は素晴らしい』」

少年は一礼して手に持っていた薔薇一輪を英治に手渡し、
店の中へと案内されていった。。。


-----終わり-----

長ーーーーーーーい長すぎーーーーーーーーーーーーーーーーーる!(自爆)

・・・オホホホながい文章でスイマセン。。。(^_^;)
なーんか書き出したら止まんなくなっちゃってぇ~
どこまでも詳しく書きたくなっちゃってぇ~
ほんっと、、、最後までつきあってもらっちゃってありがとうございましたエヘッ☆(かわいこぶってもダメ!爆)

つーことで、今クールのドラマに意識を移すことにしよーかなッと(今からかよッ!爆爆)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

『薔薇のない花屋』(ネタバレ注意!)第11話(3/24)最終話
Excerpt: ... 美桜(竹内結子サン)の父(尾藤イサオさん)の手術に舜(玉山鉄二クン)を向...
Weblog: 竹内結子の秘密
Tracked: 2008-05-09 21:48