ソン・スンホン芸能活動10周年イベント(2/16) No.5

えーっと、、、これがレポNo.5ですが、
No.4までの記事、けっこう加筆してまーす。今後も修正ありまーす。
一度読んだ方も油断しないでね~(爆)

じゃあ総評ってことで(笑)アタシの感想をちょっとだけ。。。

ソン・スンホン 芸能活動10周年イベント『10 Through The Time 10年の時を経て…』
(2/16さいたまスーパーアリーナにて開催)
今回のファンミもたっぷり3時間かけて行われました。

去年・2007年3月のファンミも3時間余り。
でもアタシの印象では前回よりもスンホンの出番時間は多かったような気が。。。
前回は映像を楽しむ時間てのが比較的多めだった印象。
でもさ、日本で放映されちゃってる映像ならアタシたちもぉ何回も見ちゃってんじゃん?
だから去年はちょっとどーなのよ?って思う時間も若干あったんだけど
(とか言いつつ何回見ても楽しんじゃうんだけどね。笑)
今回は日本のみならず韓国でも未公開の映像を紹介してくれたり
映像を見ながらスンホンもステージに残って裏話を披露してくれたり、
なるべく長い時間ファンのみんなと接していたいっていう演出だったよーな気がする。

みんなはどーだったのかな?
アタシはけっこう満足のいく内容だったよ。

実際のところ、韓国国内のファンミと日本でのファンミとは様子が全然違って
(アタシは韓国のに参加したことないから、他から見聞きした内容から判断すると)
韓国だとほんとにファミリ~☆って感じで距離が近い雰囲気があるってゆーか、、、
場合によっちゃーすっごい小さい会場で開催したりするじゃない?
直接話も出来ちゃうよーな近い距離に座って。

それに比べて日本は会場のデカさもあって人数がハンパじゃないから
ファンミに参加したところで、すっごく遠い存在に変わりは無いんだよね。
単純に『生で見れた』『同じ空間にいた』って、ただそれだけ。
会えたってゆーより見たって感覚のが近い。
もーすでにここが大きな違いのよーな気がするんだなぁ。

それは、、、
韓国ファンミは無料だけど日本のファンミは有料、しかもお高い!
この事実も物語ってるよね。。。

お仲間さんたちとも話してたんだけど、
こんな巨大な場所に巨大なセット組んで巨大なイベントに仕上げなくていいから、
もっと小さい会場で全国何ヶ所か回ってくれた方が
ずっとずーっと嬉しい気がするのにねーって。。。

いや、まぁみんなが希望を言い出すとキリがないし
そもそもファンミ開催自体がすごく嬉しいことだからそれ以上望んじゃいけないんだろーけど
(日本の俳優じゃ考えられないもんね、こんなイベント。)
それでもついつい欲張りになっちゃうのがファン心理ってやつでね~、、、

韓国俳優にハマってる人たちって年齢的には確かにちょっと上めの方たちが多くって、
それだけに家庭の事情がイベント参加の壁になってることは多いわけよ。
どんなに好きでも、遠くまで時間かけてお金かけて出かけるのには限界がある。
家庭の縛りがないアタシだって、時間とお金は相当無理して参加してるわけで、、、

ほんのちょっとでいいから地方にも足を伸ばしてほしいな~ってのがアタシの希望。
アタシの住んでる地方まで!な~んて高望みはしませんからッ!
めっちゃ遠いし(^_^;)そこまで無理は言いません。。
だけど、、、、北は仙台とか、南は福岡とか、、、その辺までならどーですか?
どーよスンホンスタッフさ~ん☆
・・・ってここで言っても。。。(^_^;)

ドラマ『エデンの東』の撮影で日本にまた来るって言ってたよね。
どの辺で撮影するのかな。
たまにいつもと違う場所に出現してください。

はー、、、ついつい欲張りな希望ばっかり書いてしまった。。。。。

でもね、これだけは言いたい。
こーして年1回でも生スンホンに会える機会を作ってくれてありがとう。
スンホンはファンのみんなに感謝の気持ちを伝えてくれたけど
アタシたちこそスンホンからいーっぱいエネルギーもらってるんだよ~☆

心の中のイチバンはやっぱりスンホンあなたでーーーーーーーす!!

来年もイベントよろしくぅーーーーーーー!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック